不動産取得税

不動産取得した際にかかる税金について書いていきます。

不動産取得税 減税

不動産取得税 減税

投稿日:

不動産取得税の減税措置として軽減措置というものがあります。要件が設定されていてそれを満たす必要がありますが、軽減された場合、建物に関しては固定資産評価額から1,200万、土地の場合は45,000または、土地の広さ×価格×税率の算出結果のいずれか高いほうの金額分だけ控除されます。

土地の広さ×価格=固定資産評価額として計算され、税率に関しては2021年3月31日までは3%になります。

で、次に要件についてですが、建物、土地それぞれ見ていきます。

【建物】
・住宅全般に適用
・課税床面積が50㎡(一戸建て以外の賃貸住宅の場合、40㎡)以上240㎡以下

※上記要件のうち、ひとつでも満たせば要件を満たす

【土地】
・建物の要件を満たす
・建物建築が先行した場合、新築1年以内に土地取得すること

※上記土地要件を両方満たす必要がある

情報を調べたところこういった内容でした。中古建物の場合、耐震要件などもあるため、上記より要件が変わってきます。

注意点として上記のような軽減措置=減税措置があるわけですが、これを受けるには事前申告が必須である点です。土地取得して、申告の上、取得税通知が来てから納税、そこからこの軽減措置申告をする流れになります。

他の情報も見ていると、軽減取得申告以外はしなかったとしても納税通知が来るので、そこで納税すればいいというものもありました。

が、県税事務所などに軽減申告をするなら、やっぱり自発的に土地取得申告がしたほうがいいと個人的には思います。

-不動産取得税 減税
-, ,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした