ゴルフ

ゴルフ

ゴルフ習得に関する有用な情報を提供します。

OKUT通販 > ゴルフ

ゴルフ 初心者

これから始めようとする場合に、まずは練習の前に、クラブが必要ですね。
で、いきなりやってうまくいくのは稀なのである程度練習して、感覚をつかんでから実践が黄金パターンです。

で、練習方法ですが、以下。

1:1円玉練習法
2:タオル素振り
3:リフティング

1円玉練習法というのは、カーペットのある部屋で1円玉をクラブで打つ練習方法で、トップやダブりの改善に効果があるといわれています。

クラブの代わりにタオルを素振りすると、体を上手くコントロールしないと振れない上に、早すぎると上手く振れないので自然とスイング練習になるわけです。

リフティングはSWを使ってリフティングを行うことで、フェイスコントロールに効果があります。

上記で練習をした上で、いざ実践となった時に、グリーンから外れることもあると思いますが、その修正方法の習得が必要ですね。

基本はパターで寄せるのが無難ですが、これが使えない局面があります。
それはラフの場合や、ハザードの場合です。
その場合はウェッジで寄せるという方法になりますが、これはパターで寄せる技術よりも高い技術が要求されますが、パターで寄せられないことがあるだけに習得しておいたほうがいい技術です。

いずれにせよ、打ち方により、それぞれ適したクラブがあるわけなので、上記では少なくとも2つは必要になるので、まずは、上記2つかつご自身に合うクラブ探しから始めて、その後、クラブ選びという流れで行くのがベストですね。

ゴルフ 上達

上達のためには、パッティングを減らすことに注力する必要があります。
そして、このパッティングを減らすためのポイントは2つ。

□グリーンの傾斜を正確に把握する
□安定したパッティングを習得する

以上になります。
グリーンの傾斜が把握できていないと、打ったあとに右へ行くと思っていたが、左に行ったといったことが起こります。

ではどうやって、把握するかというと、グリーンへ上がる前に、傾斜を確認します。
パッティングのラインの後ろ、横、逆側からラインを読むと傾斜が正確に把握できる、すなわち、飛距離に影響してくるわけです。

次に安定したパッティング習得方法ですが、以下の3つ。

1:ターゲットラインの後ろからボールへ近づく
2:フェースをターゲットラインにあわせる
3:スタンスを決める

ココまでの一連の流れ、ルーティングが無意識に出来るようになれば、パッティングが安定してきます。
パッティングを狙う時には、各局面において、クラブが多種必要になるので、個々に持っておく必要がありますが、それを扱う、プレイヤーの技術も同じく必要です。

とはいえ、いきなり上記3つをこなすのは難しいので、自分にあったクラブを見つけ、その上で、ひとつひとつ確実にマスターしていくのが上達への近道ですね。

《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》

ゴルフ トップへ戻る