小顔

小顔

小顔になるために有用な情報を提供します。

OKUT通販 > 小顔

小顔矯正

小顔矯正=骨格矯正とされがちですが、そういう決まった定義はありません。
無論、骨格矯正による小顔矯正はありますが、これは場合によっては痛みを伴うのであまりオススメできません。

では、どうするかというと、むくみを取る、毛穴の奥から余分な皮脂を除去し、毛穴を引き締める、表情筋を鍛えることなどでも顔を小さくできます。

結局のところ、骨格矯正をしても、時間と共に元に戻ることがあるので、それならば、痛みもなく、目的を実現できる方法の方が、効率的です。

ただ、上記のうち、むくみを取る、皮脂を除去する、毛穴を引き締めることなどは、美容液などを使えばご自身で可能ですが、表情筋を鍛えるのは中々難しいものがあります。

が、それをリラックスして出来るれば楽ですね。
でその一例が、エステですね。

ここでなら一度、体験ということで安く受けられるのでこれもポイントです。
なので、小顔を目指す場合、痛みがでる可能性のあるものよりも、リラックスした状態で、目的を達成できる方法を取った方が、費用対効果は高いですね。

小顔マッサージ

ポイントとなるのは、リンパ、顔の筋肉です。
というのは、リンパの流れが滞っていたり、顔の筋肉がこっていたりすることが原因となっているためですね。

ということは、リンパの流れを活性化し、顔の筋肉のこりをほぐせば、小顔になる論理ですね。

で、マッサージをするときに、顔を中心に考えがちですが、ことリンパの流れについて言うならば、顔よりもむしろ首の付け根の方が多い、つまりリンパが滞りやすい場所でもあるわけです。

なので、顔だけでなく、首の付け根あたりのリンパの活性化を図れば、より小顔化を図れます。
で、どうやって小顔になるためのマッサージをするかですが、ご自身の手でやるのもいいのですが、正しい方法が分からない場合は、特にエステを利用した方が安全です。

きちんと方法を分かっていても、時間が無い場合は、それも難しいわけです。
そういうときにリラックスも兼ねて、利用すると費用対効果が高まりますね。

小顔 ツボ

エステや専用器具を使うことでも効果が出ますが、それ以外にもできることがあります。
「ツボ」です。これを押さえることで、効果を期待できるわけですね。

で、ツボですが・・・

□四白:瞳の真下から約1cmほど下がったところ
□頬車:下あごのえらから1cm内側をたどったところにあるくぼんだところ
□承漿:下唇の少し下にあり、上を向いたときに凹みがあるところ
□上廉泉:顎の真下の凹みがあるところ

上記のつぼを押さえると、むくみやたるみ、2重あご改善に効果があります。
このツボ押し自体はさほど時間がかからず、ちょっと空いた時間に出来るのがポイントです。

エステや専用器具を使う前にやってみる、もしくは組み合わせることで、費用対効果を期待できますね。

むくみ、たるみ、二重アゴに「小顔」体験キャンペーン!<エルセーヌ>

小顔 トップへ戻る