サーフィン

サーフィン

サーフィン上達に関する有用な情報を提供します。

OKUT通販 > サーフィン

サーフィン 初心者

サーフィンで波に乗ること自体が初めてのことが多いので、ボードに乗っても、どうしても後ろに重心がいきがちです。

なので、意識的に前足に重心をかけ、スピードを上げつつ、バランスをとることに注力する必要があります。

最初こそ難しいですが、慣れればできるようになります。
ただ、それになれるところまでは、皆できるわけですが、それ以上に上達しようとすると中々上達しない方が多い傾向にあります。

その理由は簡単で、前足に重心を掛けすぎているのが原因です。
こう書くと、さっきは前足と言ったぞといわれそうですね。

前足に重心を掛けすぎると、縦の動き、すなわちオフリザップやカットバックが中々上手く出来なくなります。

その基点は前足ではなく、後ろ足に基点を置くこと、これに尽きたわけです。

なので、サーフィンについて、まとめると、前足も後ろ足も同じくらい重要となります。
前足に重心をつければ、アップスでスピード向上し、後ろ足に重心をつければ縦の動きが出来るようになるわけです。

あとは、ご自身にマッチングするサーフボードを選んで、レッツトライですね。

サーフィン ドルフィンスルー

サーフィンをある程度やっていくと、ドルフィンをすることもあると思いますが、上手く沈まず四苦八苦する方も少なくありません。

まず意識問題として、潜るといわれていますが、そうではなく、沈むというのが正解です。
沈むことが前提条件なので、どうやって沈むかを考える必要があります。

で、どうやって沈むかですが、波が無いところで、板の上に立ち上がろうとすると、存外簡単に沈みます。

あとは、波が来たタイミングに沈めればOKですね。
で、具体的な手順ですが・・・

1:沖に出て、波が確認できたら、胸の横に手をつき、胸を起こす。
2:沈みだしたら、膝をつき、お尻を上げる
3:四つんばいになり、板と背中を平行になるよう姿勢を保つ
4:板が沈み、胸が水面に付いたら、腕を曲げ、足を伸ばし板に密着させる。
5:あとは流れに任せて、波が過ぎるのを待つ

という流れです。
なので、潜るというよりは沈むイメージです。

この意識変化だけでも変わってくるので、サーフィンで中々上手くドルフィンが出来ない場合は、この意識と上記手順でやってみるといい感じですね。

サーフボードやウェットスーツ、サーフブランドからスケボーまで、

プロショップならではの品揃えと価格で販売!

サーフィン トップへ戻る