B型肝炎

B型肝炎

B型肝炎の症状や給付金を受けるための情報などの有用な情報を提供します。

OKUT通販 > B型肝炎

B型肝炎訴訟

ウイルスに感染し、訴訟し、国と和解が成立すると、給付金が受けられる措置法が施行されています。 ただ、給付金が受けられるかどうかにも条件が付いてます。

□B型ウイルスに感染している、もしくは感染していた

□生年月日が昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までの方

□7歳に集団予防接種など(昭和23年~63年までが対象)を受けた

□発症こそしていないものの、集団予防接種を受けた

□母が集団予防接種等で感染し、母子ともに感染した

□他に感染原因がない方

上記に当てはまる場合、給付金が受けられるので、訴訟した方がいいわけですが、厳密に該当するしないかの判断が難しいケースもあるので、ここは弁護士の力を借りるのも手です。

極論、和解して給付金が受けられるかの相談を無料で受けてくれる上に、必要な調査をして、裁判所への書類提出、和解、給付金受け取りまでサポートしてくれるので、よくわからない場合は、弁護士への相談が一番ですね。

B型肝炎 症状

免疫力のある青少年以上の方がウイルス(HBV)に感染し、肝臓で炎症を引き起こす病気とされています。 なので、症状としては、肝炎と言えますね。

で、致命的な症状たる劇症肝炎荷ならない限りはほぼ完治すると言われています。
この劇症肝炎の見極めは肝炎の症状、発熱、風邪のような症状、倦怠感、食欲不振などの症状が現れてから8週以内に意識障害が現れること、プロトロンビン時間が40%以下を示すことになっています。

この症状が出ると、生死にかかわる重症なので、上記が、見られたら、すぐに医師の診断を受け、治療を開始することが最重要事項になります。

逆説的に考えれば、上記症状が出ない場合は、ほぼ完治するといわれているので、前者の症状ほど心配する必要はありませんが、メンタル的な意味もこめて、体に不調を感じたら、とりあえず医者の診断を受けるくらいでもやりすぎではありませんね。

B型肝炎 予防接種

ウイルスが血液などを経由して症状を引き起こす病気ですが、たいてい、自然に完治しますが、低い確率(2%)で劇症肝炎になる恐れがあります。

これが、脅威で、発症すると70%の確率の命の危険にさらされると言われています。 確率的に低いとはいえ、いつ自身がその低い確率に当たるかわからないので、予防は必須と考えておいたほうが安全ですね。

予防、つまりは予防接種ですが、およそ3回程度行います。
1回目に受けてから、4週間後に2回目を受け、さらに6ヵ月後に追加接種を行うわけです。

で、予防接種にあたり、どんな副作用があるのか気になるところですが、およそ接種を受けた方の10%の方が体のだるさ、頭痛、注射部位が赤くなったり、腫れたり、痛みが出たりする症例があったそうです。

とはいえ、命の危険が伴う副作用では無いので、上記2%に恐れを抱き続けるよりは、予防をしておいて安心して生活をしていきたいところですね。

B型肝炎 治療

急性的なものについては、特効薬的な治療方法は無く、メインは肝臓保護することが中心になります。
安静にして、点滴を打ったり、肝臓保護の薬投与などが主ですね。

低確率で発症する脅威である劇症肝炎ですが、場合によっては、肝移植しか治療方法がなくなるケースもあるとのこと。

慢性的なものに対する具体的治療として、インターフェロンとウイルスDNAに対抗する薬投与になります。 が、これでも完全にウイルス自体をゼロにすることはできない現状です。

健康へのリスクを考えると、多くは自然完治されるので、最悪の事態に備えるといっては大げさかもしれませんが、後々大変なことにならないように、予防接種もといワクチンを打って、備えておくのが大切ですね。

【B型肝炎相談ホットライン】相談料・調査費用無料!

B型肝炎訴訟 和解

B型肝炎 トップへ戻る